私がXMを使うようになったきっかけ

私はFXをやり始めてから結構長い年月を経て今に至っています。

だからといって上手かといわれればそうでもないのですが、
国内証券会社でFXをやっていた時もあれば、ここ数年はずっとXMを使っています。

そもそもXMというのは海外FXの会社の名前でして、XM、XM.comと言われたりします。
商品先物なども扱っていますし、外国為替の通貨パターンはかなり多くのペアを選ぶことができます。

そんなXMですが、元々海外FXに興味があったり、高レバレッジを望んでいたりする人には注目度が高いのですが
一般にはあまり知られていないのがXMだと思います。

そもそも海外FXというと何だか怖いイメージがあったり、騙されそうだったり、借金作ってしまいそうだったりとイメージとしてはあまり良くないのが多くの人の感想では無いでしょうか。

私も実際最初のころはそんなイメージを持っていました。
実際のところ私はある人に勧められてその人が使っているからという理由でXMを始めたわけですが
その人がいなければ今でもXMを使っていなかったのかもしれません。

そのトレーダーさんは数年前に日本を離れているのですが、たまに有料・無料を問わずサロンを開いたりしてノウハウを公開したり、リアルトレードの動画を公開したりしていますがホントに神業的といわんばかりです。

海外FXだと口座凍結されたり、資金が引き出せなかったりするのが怖かったりするのですが、実際に多額の資金を移動しているのを見てみて安心感を得たというところがXMを使い始めた決め手になります。

それで自分で使ってみると思いの他に使い勝手がよかったり、サポートも日本語で対応してもらえたりと日本の証券会社でFXをやるのと変わらないかそれよりも良いと感じることもあったりするわけです。

他にも海外FX会社を試したことがあるのですが、やはりサポートの対応が悪かったり、ホームページが使いにくかったりしていまいちなところが多かった印象です。

恐らく私ごんぞーはこれからもXMを使い続けていくことになると思います。

約定率の高さ、高レバレッジなどに興味がある人であればXMはうってつけだと思います。
XMの口座開設に興味があればこちらを参考にしてみてください。
XM口座開設

FXは資金量が大切

FXは資金量がモノを言うとも言われています。

資金量が少ないとどうしても余裕の無いトレードをしがちなので
余裕を持ってトレードするためには資金量は必要になってきます。

資金量が無いと1回のトレードで大きな損失を被った場合に立ち直れなくなりますし、
一方で利益を得た時も額が小さいと感じてしまうこともあるかもしれません。

利益を最適に取っていくためには適度・適切な資金量を確保して口座に突っ込んでいく、
無理しないトレードを心がけていく、ということが必要になってきます。

確かに金額が大きければ良いというものでも無いのですが、
ある程度の資金量はあっても無駄にはならないでしょう。

XMなどの海外FXではレバレッジ888倍などという高倍率で資金を使うことができます。
1万円でもかなり大きな額を張ることができるので高倍率を魅力的に感じる人もいるでしょう。

高倍率でかける時(それに限らずなのですが、FX全般にも言えますが金額を金額として見ないようにすることが大切です。

例えば、この負けた金額で●●を買うことができたとか、この勝った金額でこんなことができるとか、等の妄想は全くの無意味なことになります。
そうした感情が芽生えてしまうと負ける可能性がかなり高くなってしまいます。

特にFXではそうなのですが「平常心」をいかに保ち続けられるかが勝敗の分かれ目といっても過言ではないかと思います。

XMを使えば最大レバレッジ888倍までの大きなレバレッジを利用できるので資金量と平常心についてはなお更のこと意識を集中させた方がよいでしょう。

今回も最後までお読みくださり感謝しています。
次回も何か何か役に立つ記事を更新できるよう頭をひねっておきます。

ロット分割はしていますか?

エントリーする時にロット分割はとても大切です。

チャート分析をしてエントリーポイントを自分で決めてから実際に売りか買いでエントリーすることになるのですが、その際に自分の分析結果を妄信しすぎるあまり全ロット分を一括で入ったりしてしまいます。

以前の自分がそうでした。ということで自分自身への自戒の念も込めてロット分割について解説しようと思います。

まずは自分の入れるロットというのは当然のことながら自分の資金量に依存します。

その全額をレバレッジもかけてエントリーするのはあまりにも危険性が高いです。

というのも相場というのはどんな時にも上がるのも下がるのも2分の1の確率だからです。

確かにチャートのトレンドからその確率を上げるようにもできなくはないのですが、それでも上昇も下落もやっぱり2分の1なのには変わりがありません。

もしその確率を必ず当てることができるのであれば全額フルスロットでエントリーすれば爆益をとることができるのですが、全額フルスロットした場合に逆へ動いた際には悲惨な状態になってしまいます。

では、どうすればよいかということになります。

フルスロットを張ることができるロットをいくつかに分割をしてエントリーするのです。

1:1:2でも1:3:5でも1:1:5でも構いません。

人それぞれの性格にもよると思いますので割合は自分で決めればよいです。

そしてその割合ごとにエントリーポイントとイグジットポイント(損切ポイント)を必ず決めて、その決めたポイントで感情をさしはさまずにトレードしていきます。

まれに最初の1で入った時に想定の方向へ相場が動いて微小な利益をとれることもあります。

その時、本来フルスロットで入っていれば爆益が取れたのに、、、などと悲観的にならずに取れた利益に感謝をすべきです。

取れなかった利益などそもそもなかったものと同じです。

そうすると自分の取れるリスクと取れる利益のバランスが取れてきます。

ちなみに私は1:3:5派で、中期トレンドの順張りで押し目エントリー派で単純にトレンドについていく手法を採用しています。

今年は徹底的にこのルールを守ってトレードしていきます。

ドル円が109円台を突破しました。

為替相場というものは上がったり下がったりを繰り返して一定の方向性を持って動くものです。

今は長期トレンド的には円高傾向ではあるものの中期的には上昇のような感じになっています。
こういう時が意外と判断に悩むところです。

一瞬で下落傾向になってしまうかもしれませんし、そのままトレンド変換して長期目線でも上昇に転じる可能性があるからです。

短期、中期、長期の目線を常に持って、いま自分が考えているのはどの目線なのかというところが重要です。

ただ大きなトレンドには逆らわない方がよいですし、トレンドに乗った方が利益が出やすいように思います。

さらに、上昇よりも下落のスピードの方が速いのが為替相場に当てはまるので下落トレンドの時は全力で売りに回るというのも一つの戦略です。
ちなみに、下落スピードの方が速いというのは何も為替相場に限ったことでは無く、株式相場にも同じようなことが言えるわけです。

下落が強いということは本来はあまり良いコトではないように思いますがトレーダーとしては実際のところ相場が上がっても下がってもそこで利益が取れればよいわけですので、どの流れの時に狙っていくかはその人次第ということもあるでしょう。

109円台になったいま考えるべきことは、このまま109円台の後半、そして110円になっていくのかあるいは109円台を超えたことを目標達成と感じて売られるようになってしまうのか。

相場は上がるか下がるかの2択に1つなので簡単なようでいて難しいというのも事実ではあります。

個人的には、目先達成感から売られるような気持ちしていますが、下落が確認されてから売りに回ろうと考えています。

FXで勝つためには利食いも重要なポイント2

FXで勝つためには利食いも重要なポイント1に続き、今回はその第2弾の記事を更新します。

FXで勝つためには利益を伸ばす必要があり、利食いはそのために必須のテクニックといえます。

しかし、利食いの重要性が分かっていてもうまく使いこなすことができないことで悩んでいるトレーダーは多くいます。

少なからずごんぞー自身もその一人ではあります。お恥ずかしい。。。

損切りのタイミングを見極めることが難しいということはよくいわれている印象がありますが、利益確定も損切りと同様にタイミングを見極めるのは難しいものです。

しかし、FXは必ずといって良いほど損失が出るものであるため、そのことを承知したうえでいかに利益を損失より大きくするかが重要となります。

FXで勝つために利益を出すことは意識できていても、損失が利益を上回ってしまっていては結局利益を伸ばすことはできていないため、FXで勝つという状態からは程遠いということになってしまいます。

つまり、FXで利益を獲得するためには勝った時の利益ばかりを見るのではなく、トータルの利益がトータルの損失よりも大きくなることを意識する必要があり、一回だけ大きく勝つよりも、小さくても勝った回数が損失を被った回数よりも多く、損失を利益が上回ることが重要です。

ということは分かってはいるもののなかなかできないのも現実ではあります。
それができているのであれば皆が勝ち組トレーダーになれるのですが、一方で大多数のトレーダーは勝てないままにいる現実を見れば一目瞭然でしょう。

これからごんぞーも勝ち組トレーダーになるために一生懸命勉強して、実践を積み重ね、今年中には勝ち越しができるように結果を残していきたいと思っています!

ごんぞーという名前について

FXごんぞーさんという名前でブログをやっていますがYoutubeなどに出ているタンバリンのごんぞーとは別物ですし、彼にあやかって名前を付けたわけでもありません。

ただ、なんとなく学生時代からごんぞーというあだながついていたので、あえてそれを変える必要もないと思ってそのままの名前で呼んでもらっています。

仮に別のあだなを付けてもらったとしても結構違和感があるほどごんぞーのあだなに馴染んでしまっています。

それで、FXをはじめたからFXごんぞーという名前にしたわけです。

これでいつでも勝ち続ける常勝トレーダーとなった場合、FXごんぞーという名前が売れることになってしまうわけですが、それはそれで良いとしましょう。

いつかはリアルタイムでトレードしている状況を動画に撮ってYoutuber並みに活動してみたいなとも思っています。

FXトレードに関しては勝までやれば負けは無いという気持ちで、かつ資金を熔かさないように最新の注意を払いながらトレードを実践しています。

今年は時に、自分が相場を見れていない時、特に寝ている時などはポジションを持たないようにしています。
寝ている間に相場が大きく動いて儲けが大きくなることもありましたが、負け越すことの方が多いようにも思います。

また、自分の想定と逆の方向に動いてのロスカットを喰らってしまった時に慌ててドテンしないようにもしています。
時としてドテンが成功することもありますが、強い根拠がないドテンは時として往復ビンタを喰らってしまい、ダブルでロスカットしなければならない状況にもなりえます。

今年はルールに忠実にをモットーにFX相場と向き合っていきたいと考えています。
いつの日かXMの口座残高が9桁を優に超えている日が来ることを夢に描いています。

仮想通貨ビットコインFXが急上昇

FXだけではなく仮想通貨FXもやっているごんぞーです。

ビットコインは一時70万円代まで下がっていましたが、年末から年始にかけて上昇を続け、ここ数日では大幅高も演じています。

このまま上昇基調になったのかとも思えますが、大きなトレンドとしては下落基調とよんでいます。
下落トレンドの中での戻り反発という認識です。

ただし、本日90万円後半であと少しで100万円に届こうとしているため、このまま100万円をうわ抜けてきた場合はトレンドの変換とも見て取れます。

そのまま順調に100万円を超える可能性もあれば、一旦80万円台半ばくらいまで押し戻された後からの上昇も考えられます。

あるいは、100万円くらいを天井にそのまま下落トレンドになる場合も十分に考えられます。

今は節目にも近いのでチャートがどうなるのかを慎重に見極めながらポジションを持って行くようにしようと思います。

トレンドの転換点は見極めることが大変難しいのですが、転換点を読み切れれば根っこからポジションを持つことができるので、そのスキルを身に付けて実力アップをしていきたいですね。

FXの場合は視点によってトレンドの読みが変わってきます。

誰がどのような視点で見てもある意味で全て正解でもあり、ある意味では不正解になることもあるのです。

あとはロットコントロールが重要になるので、一獲千金を狙うこと無く地道にトレードを重ねていくのが一番の近道にも思えています。

FXで勝つためには利食いも重要なポイント

これから何回かに分けで利食いの重要性について解説していきたいと思います。

利益を上げるには利食いをしなければならないことくらいはFXトレードしている人であれば誰でもが分かっていることです。

しかし敢えて解説した方が良いかなと考えた背景としては、昔の自分自身もそうだったのですが必ずしも上手な利食いができていない場合が多いということがあります。

このタイミングで利食いすればもっと利益が伸ばせたのに、、、
なんてことで後悔したりすることも多かったです。

FXで勝つためには損切りともう1つ重要なものとして、利食いで利益確定することが重要となります。しかし、利益確定のタイミングを見極めることはなかなか難しく、損切りと同様にうまくできなくて悩んでいる人は多くいらっしゃいます。

利食いが苦手だという方は大きく分けて、次の3つのタイプに分けることができます。

・どこが利食いのポイントなのか分からない。

・もっと利益を伸ばせるのではないかと思ってしまい、利食いのタイミングを逃してしまう。

・利益確定のタイミングが早すぎる。

利益確定に対して苦手意識を持っているトレーダーの多くは、この3つのタイプのどれかに当てはまるケースが多くあります。

利食いは損切りと同じくらいにFXで勝つためには大事であるため、利益を伸ばすためには苦手を克服することが必要になります。

そこで次の記事では、利食いをするために知っておきたいポイントや、どのようにして利食いをすれば良いかなどについてご紹介していきたいと思います。

次の更新を楽しみにしていてください。

FXのトレンドの追い方

FXでは基本的に短期トレードを心がけています。

短ければエントリーから数分で決済するトレードスタイルです。
いわゆるスキャルピングと言われる部類に入るかもしれません。

エントリーする際にはトレンドラインを見ながら押し目で順張りに入っていくようにしています。

順張りの中でも超超短期で見れば逆張りです。

トレンドラインから一度離れて戻ってきたところをトレンドの向きに従って逆張りで入る方法です。

さらに逆方向に行くこともありますが、前回の高値・安値を超えてしまった場合は潔く損切りします。

正しくは損切りするようにしていました、という方が正確かもしれません。

昨年まではそこの損切りができずに痛い目に何度もあっていました。

ただ、それでは絶対に勝てないので損切りは必要経費と考えて諦めるようにしています。

もっと有利な位置で入れると思えば損切りも痛くないよなと思えるようになってきました。

今年に入ってから(といってもそれほど日数は経っていませんが)は、自分が決めた損切りラインを割ったらエグジットすることができるようになっています。
その分だけ勝率が上がっていますね。

自分の決めたルールは必ず守る、ということを肝に銘じてトレンドラインと睨めっこしながらトレードするようにしていきます。

ブログをはじめました

XMを使ったFXを長年続けている自称FXトレーダのごんぞーがつづっていくFXトレードブログです。

XMを使っている理由やFXを続けている理由などは追って紹介していきます。

とにかく今年はFXを完全にマスターすることを決めていますのでトレード記録も兼ねてブログを更新していこうと思った次第です。