XM 口座開設手順

XMで取引をするにはまず口座を開設する必要があります。XMでの口座開設は、デモ口座開設とリアル口座開設があります。デモ口座とは、XMを体験するためのもので、口座開設フォームで登録を行って口座を開設できます。実際にXMで取引を行うにはリアル口座を開設します。口座開設手順は、まず公式サイトの口座開設フォームで個人情報や口座情報を登録し、本人確認書類をアップロードして、ボーナスの受け取り申請を行い、取引ツールのMTMT5のダウンロードを行って、取引を開始するといった流れです。

 

XMの口座開設はPC上だけでなく、スマホやタブレットからでも可能です。スマホやタブレットからの口座開設手順もPC上と全く同じです。本人確認書類でのアップロード作業では、本人確認書類として身分証明書と現住所確認書類が必要になります。身分証明書にはパスポート、運転免許証、マイナンバーカード、写真付き住基カードなどを使用することができますが、いずれも写真付きである必要があります。現住所確認書類には運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなどが使用できますが、身分証明書と現住所確認書類は併用することができないため、2つの書類をあらかじめ用意しておきましょう。本人確認書類のアップロードは、スマホのカメラなどで撮影して画像データとして保存し、それをアップロードします。

 

XMでは新規口座開設時にボーナスポイントとして3,000円が支給されます。ただしこのボーナスポイントは、口座開設をすれば自動的に支給されるものではなく、請求することによって支給されます。本人確認書類のアップロードを行って、書類が承認されると口座が有効化されます。そこで30日以内に請求を行うと、有効化された口座に証拠金として反映されます。30日以内に請求をしないとボーナスポイントはなしになってしまうため、早めに請求をしましょう。

 

XMでは取引ツールとしてMT4MT5を使用します。MT4MT5がないとXMの取引ができないため、公式サイトのプラットフォームから、取引を行うデバイスに対応したMT4MT5をダウンロードしてインストールしましょう。MT4、またはMT5をインストールしたら起動し、ログインIDとサーバー名、パスワードを入力して取引口座へログインします。接続ができたら取引を開始できます。

© 2019 XM口座開設 徹底解説 rss